雇用保険と労災保険

紫たまねぎ会社設立を一人で行った人は、その会社が人を雇用するような事業所になった時点で社会保険や労働保険に加入をしなければなりません。
但し、健康保険や厚生年金保険などの社会保険と言うのは、事業主でもある経営者も被保険者となりますので、一人で会社設立を行った場合でも加入をすることで被保険者と言う形になります。

尚、労働保険の場合は、その事業者が人を雇用する事業所になることで、必ず加入をしなければならない保険なのです。

一般的に労働保険と呼ばれているものには、労災保険(労働基準監督署で登録申請を行います)と雇用保険(公共職業安定所でもあるハローワークで手続きを行います)の2つが在ります。

雇用と労災と言う事からも、この2つの保険は労働者のための保険であり、会社の経営者は労働者のためにも労働保険の加入をしなければなりません。

因みに、雇用と呼ばれるものは、離職をした後に失業給付金を受け取れるようにするための保険であり、会社が倒産をしてしまい、失業の状態の際の生活を保障し、仕事を探すことに専念できるようにするための保険です。
労災と呼ばれるものは、従業員が就業時間の中や、通勤途中で怪我をしたり、死亡した場合では家族に対する保証を行う保険であり、いずれもなくてはならない保険なのです。