用途

自動車は一般家庭の移動や趣味の乗り物としてだけではなく、様々なところで活用されています。例えば、工事現場などでは材料や道具を運ぶトラックであったり、怪我人や病気の人を病院へと輸送する救急車であったりです。こうしたものは、完全にオリジナルで開発されているものと、既存のものを改造して業務用として使う場合の2パターンが有ります。ランドクルーザーは後者に用いられることがあり、よく見かけるのは黄色いカラーリングの道路公団パトロールカーです。他にも、ラジオの中継車や消防庁で活躍していたことも有ります。さらにはモータースポーツの世界において、あのダカールラリーに参戦もしました。そして、かつて「トヨタ戦争」と言うものがありました。これは、本当の名前はチャド紛争なのですが、その戦いの中でランドクルーザーを始めとした同社のクルマが多く使われていたことからそう呼ばれています。

歴史の長さ

長い歴史を持つ自動車はそれこそ数多く存在しており、ほとんどがその中で知名度を高めて来ています。また、日本だけでなく世界を代表するような存在となるのも、そんな車だと言われています。それを証明しているのがトヨタのランドクルーザー、通称ランクルです。同社のクラウンとならんで息が長く、とても有名です。最初にこの名前が使われたのは、1954年のことでした。第二次世界大戦の終了から約10年後で、それから50年間歩んで北にもかかわらず、その人気は衰えること無く続いています。もともとは、軍用のジープからノウハウを得て造られました。その為、耐久性や走破性に優れています。

盗難について

日本の自動車はその技術力や耐久性の高さなどから、窃盗グループにねらわれやすいのです。特に高級車が被害を受けますが、ハイエースなどの商業用に出来るものもターゲットになりやすいです。後者は盗難にあったランキング2008年の1位になっています。そうして、発展途上国や新興国に密輸されて高値で取引されています。トヨタの誇る大型4WDSUVであるランドクルーザーも、そのうちの一つです。被害に遭いやすいのは、商業車として使われている為に盗難防止をしていないなどというケースも有りますが、こちらの場合は「オーナーの油断」や「窃盗グループのハイテク化」「手口の巧妙化」などが挙げられます。「自分だけは大丈夫」と思わずに、対策を立てることが大切です。セキュリティが高ければ高いほど、盗むのに時間がかかって諦めることもあるので、防犯カメラやタイヤロックなどにもお金をかけてみましょう。